「おこしもの」予約受付中!

来週3月3日(月)は、桃の節句♪

ひな人形を飾り、女の子の健やかな成長と健康を願う日です。

祝い膳では「ちらし寿司」を召し上がるご家庭も多いですよね。

具の「えび」は長生き、「はす」は見通しのよい人生、「豆」は健康でまめに働けるという意味があるそうです。

ひなあられやひし餅、桜餅、白酒なども縁起のいい供物として親しまれています。

また、縁起物として「はまぐり」のお吸い物も親しまれれいます。

そして、この地方ならではの桃の節句の縁起物といえば 「おこしもの」

米粉を熱湯でこね、鯛や桃などの木型に入れて形を付けて蒸したものです。

木型から起こすから、木型に押し付けるから「おこしもの」と呼ばれるのだそうです。

愛知県の桃の節句には欠かせない「おこしもの」

提灯屋おこしもの

オーブントースターで軽く焼いて、

砂糖醤油でいただくと美味しいですよね☆

現在、当館では「おこしもの」の予約を承っています!

地元養父町の提灯屋さんの「おこしもの」

5個入りで315円です。

地元ならではの桃の節句の味覚を是非、ご賞味ください♪

詳しくは、スタッフにお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 新着記事, 物産コーナー タグ: ,