ご飯がすすむ干物🐟

いつも東海市観光物産プラザをご利用いただき、ありがとうございます

7月も終わりが近づいていますが、梅雨明けはまだまだのようですね

 

先日、庭の木にえっちらおっちらと蝉の幼虫が昇っていくのを

見つけました。思わず、頑張れー、ファイトーと声をかけてしまいました

夏になるといつの間にか現れて、あっという間に消えていく蝉

蝉の幼虫は土の中で3年から17年も過ごすのだそうですよ(゚д゚)!

成虫は1週間から1ヶ月の寿命、この短い間に外敵から身を守りながら

子孫を残すという大仕事が待っています・・・

今年はコロナの関係でなかなか旅行などに出かけられませんね

蝉の幼虫のようにじっと我慢の年になりそうです

美味しいものを食べたり、謎解きをしたり、プールに行ったりして

余ったエネルギーを発散してくださいね

美味しいものと言えば!

プラザにはご飯が進む干物が揃っています

お魚を食べて海に出かけた気分になりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魚焼きグリルで簡単に焼けますし、カルシウムの補給にもなりますよ

南知多の干物は648円、アナゴは756円、大アナゴは1380円

釜石のやみつきさんまは600円です

カテゴリー: 情報閲覧スペース